0120-969-937 [カスタマーセンター]平日9:00-17:00
来店予約は
こちら

相談事例example

相談事例のご紹介
一人ひとりに合ったライフプランを。
IFAだからこそ、できるアドバイスがあります。

人生100年時代、結婚・出産・お子さまの教育・マイホーム購入・親の介護・老後の資産形成など、将来必要となるお金は年齢や家族構成などライフステージによって大きく変化します。公正中立的な立場であるIFAは、ライフプランニングから商品選び・運用サポートまで、資産運用に関するあらゆるご相談に対応できます。

「何から投資を始めたらいいかわからない」「まとまった資金の運用の経験がなく不安」など、投資初心者の方もご安心ください。

投資信託相談プラザでは、さまざまな相談内容、幅広い年齢層の方にご利用いただいております。店舗来店だけではなく、オンライン相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

こちらでは、ご相談された方の具体的なご相談事例をいくつかご紹介していきます。

  • CASE 1

    運用成果が悪く、資産が目減りしたため見直すべきか?

    60代女性

    投資信託を幾つか保有しているが、ほぼ全ての商品がマイナスとなってしまった。今までは分配金も支払われていたので、そのままでもいいかと思っていたが分配金の支払額も減り、このままでいいのか不安になった。

  • CASE 2

    老後資金のための資産形成が、大幅にマイナスとなり立て直したい

    50代女性

    投資信託を幾つか保有しているが、ほぼ全ての商品がマイナスとなってしまった。今までは分配金も支払われていたので、そのままでもいいかと思っていたが分配金の支払額も減り、このままでいいのか不安になった。

  • CASE 3

    当面使わない資金があり、普通預金に預けたままのため資産運用したい

    40代女性

    預貯金や国債で保有していた当面使わないお金を運用したいが、どのような商品を選んでいけばいいかわからない。

  • CASE 4

    毎月得る家賃収入を投資で更に運用したい

    30代男性

    不動産の家賃収入を得ているが、更にこのお金を投資して運用したいと考えている。毎月一定額の収入が見込まれるため、積立投資をしていきたいと思っている。

  • CASE 5

    持ち株(自社株)を売却して、運用の見直しするべきか?

    40代男性

    勤めている会社の持ち株会にて自社の株を積み立てしている。自社の株価は順調に上がっており資産額も増えているが、このままでいいのか専門家の意見を聞きたい。