0120-969-937 [カスタマーセンター]平日9:00-17:00
来店予約は
こちら

分配金ってなに?

投資信託の決算日に、運用収益などから分配される金銭のことを「分配金」といいます。
決算日は投資信託によって異なっており、毎月決算・3ヵ月決算・年2回決算・年1回決算などがあります。分配金の額も、決算の内容や分配方針によって変化し、状況によっては支払われないこともあるので注意が必要です。
毎月分配金がもらえる投資信託のほうが、おすすめといえるのでしょうか?

分配金のしくみ

分配金は、投資信託が株式や債券に対して投資し、運用して得た収益を、投資家ごとの保有口数に応じて分配するものです。
分配金は、投資信託の財産の中から支払われます。そのため、分配金が支払われると、「純資産総額」および「基準価額」は下落します。

利息と分配金のちがい

毎月分配型の投資信託を持っていると、毎月分配金が受け取れるので、預金の利息と同じように確実に受け取れるような感覚に陥ってしまう場合もあるかもしれません。しかし、投資信託の分配金と預金利息は大きく異なります。

  • 利息

    預金の場合は、預けた元金にプラスして利息がつきます。預金を預ければ、元金とは別に利息をもらうことができます。

  • 分配金

    分配金の場合は、運用成果によって払い出されますが、必ずしも運用成果と直接に連動しているわけではありません。一部または全部が投資した資金(元本)から支払われる場合があります。

投資信託の運用成績を見る場合には、分配金の大小のみを見るのではなく、基準価額の水準や推移、運用内容も確認し、総合的に判断することが大切です。

次は、投資信託にかかる「税金」について解説します。

投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面等を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。