0120-969-937 [カスタマーセンター]平日9:00-17:00
来店予約は
こちら

投資信託のリスクって?

どのような金融商品にも、内容や程度は異なるものの、「リスク」と「リターン」があります。
投資においてリスクとは「結果が不確実なこと」を意味し、リターン(収益)との振れ幅のことを指します。

リスクとリターンの関係

一般的に、リスクとリターンは比例関係といわれています。高いリスクのものは高いリターンが期待でき(ハイリスク・ハイリターン)、低いリスクのものはリターンも低くなる(ローリスク・ローリターン)傾向にあります。
つまり、「大きな収益を期待すると、リスクが大きくなり大きな損失の可能性も増える」ということです。
リスクとリターンの程度を考え、自身の目的に合った投資信託を選ぶことが大切です。

投資信託でのリスク

投資信託は、値動き(価格変動)のある有価証券などに投資するため、元本や利回りの保証はありません。基準価額を変動させる要因には、以下のものがあります。

価格変動リスク

価格変動リスクとは、価格が変動することによって投資した資産の価値が変動するリスクのことです。
投資信託が組み入れている、株式や債券などの価格が変動すると、投資信託の基準価額も変動します。景気動向、政治、企業の業績などによって影響を受けます。
価格変動リスクを分析する場合には標準偏差などの統計指標を用いることが一般的です。

信用リスク

株式や債券を発行している政府や企業が倒産し、株価や債券価格が大幅に下がったり、ゼロになったりするリスクのことです。
債券の信用リスクを測る尺度として、格付け機関による「格付」が使われています。例えば債券投資の場合、格付が「BBB」以上の債券を投資適格債と呼び、安全性を重視した投資判断の目安とされています。
また、格付が高い債券は金利が低く、格付が低い債券は金利が高い傾向にあります。

為替変動リスク

海外の資産に投資する場合、円と外国の為替相場の変動により、資産の価値が変動するリスクのことです。
海外の資産で運用する投資信託には基本的に、為替変動リスクがあります。
一般的に、海外資産に投資する場合、当該通貨に対して円安になると有利です。反対に円高の場合は基準価額の下落要因となります。
また、為替相場は企業の業績にも影響を与えることがあります。例えば、円安になると輸出関連企業の業績が良くなり、円高になると輸入関連企業の業績が良くなります。
そのため、株式投資においても為替リスクの重要性は高く、為替相場の変動・見通しは定期的に確認しておく必要があります。

次は、投資信託を購入する前に知っておきたいことについて解説します。

投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面等を十分お読みいただき、お客さま自身にて判断いただきますようお願いいたします。